logo



CASAについて


岐阜・長良川流域から生まれた手仕事を中心に
ヒトやモノが繋がる団欒の家

岐阜市湊町はかつて、長良川の水運の川湊(みなと)として人とモノと物語が集まる場所でした。

上流の郡上からは杉などの木材をイカダ流しで運び、美濃からは美濃和紙を、下流の桑名からは海産物などがここに運ばれました。岐阜の土地で加工されて再び(世界にも!)送り届けられました。湊町は流通の一大拠点だったのです。

この流域には、美濃和紙や竹を用いた提灯・うちわ・和傘をはじめとした美しいプロダクトがあり、これを担う職人や生産者がいます。彼らは先人から受け継いだ知恵や技術、時代に合った創造力を働かせ、この土地ならではの生業を繋いできました。そして長良川流域166kmの中で最大の川湊が、岐阜市の川原町(中河原湊)でした。

私たちは、ここ川原町の築100年以上の町家をお借りして、流域の手しごとを見て、触れて、体験して、買える、そんな場所を作りました。その名も『長良川てしごと町家CASA』。

CASAとは家のこと。屋根の下に、和傘のみならず、提灯や活版印刷など長良川の手しごとが共に居場所を作り、人を迎え入れることのできる家です。たくさんの方がこの家を訪れ、繋がりを持ってもらえることを祈って。



運営団体
logo
NPO法人ORGAN
webサイト


体験

様々な職人と、てしごとに出会えます。


  • 体験|御朱印帳
  • 体験|和綴じノート
  • 体験|活版

  • 体験|提灯絵付け
  • 体験|和傘糸かがり
  • 体験|竹かご

  • 体験|木のスプーン
アクセス


岐阜市湊町29
11:00−18:00
※店舗により営業時間・定休日が異なります
岐阜バス長良橋バス停下車徒歩3分


駐車場のご案内